皮膚科外来に新しい紫外線治療器が導入されました。

UV7002

5月16日から新しい装置が稼働しています。全身型の紫外線治療器です。鹿児島県では当科と、鹿児島大学病院のみに設置されています。

 

従来の装置と比較して、治療時間が半分以下に短くなります。また、これまでの装置も使用可能ですので、同時に2名の患者さんを治療することができ、待ち時間の短縮にもつながります。

 

乾癬やアトピー性皮膚炎、白斑など様々な皮膚疾患に使用できます。症状に応じて他の治療と併用したり、場合によっては紫外線以外の治療を行うこともありますので、初めての方は、まず診察を受けてご相談ください。

(皮膚科のページに戻る)

このページのTOPへ