腎臓内科

糸球体腎炎・ネフローゼ症候群など腎臓病の診断治療と慢性腎不全の進行防止治療、血液透析導入、維持透析と各種血漿交換を行います。

外来診療担当表

腎臓内科

<予約制>

当科は鹿児島市が構築している慢性腎臓病(CKD)予防ネットワークに参加しておりますので、原則CKD登録医からの紹介状をお持ちになり、受診することをお勧めしております。

(詳しくは鹿児島市慢性腎臓病(CKD)予防ネットワークをご覧ください)

また、紹介状の有無にかかわらず予約制となっておりますので事前に予約をお願いします。

当院での治療・検査が終了し、症状が安定してきた患者さんには、「CKD登録医」または「かかりつけ医」に逆紹介させていただきますので、ご理解ください。


午前中のみの診療です[受付]午前:8時30分~11時30分

 
午前

竹之内
潤田

三重   (再診のみ)

村岡

三重

竹之内

診療概要

自覚症状のわかりにくい腎臓病を、組織学的診断をもとに正確な診断をおこないます。
患者様に自分の症状をよく理解していただき、ともに腎機能改善を目指していきます。

 

蛋白尿、血尿、高血圧、むくみなど、腎臓病の自覚症状はわかりにくいものですが、組織学的診断により正確に診断します。腎炎、糖尿病、膠原病、多発性嚢胞腎など多種の原因からの腎臓病の診断加療がトータルにできます。
また、慢性腎臓病(CKD)は心血管病の最も大きなリスクでもあり、心臓血管系も含め全身臓器のチェックが受けられます。

治療の対象

  • 急性糸球体腎炎
  • 急性腎不全
  • 慢性糸球体腎炎
  • 慢性腎不全
  • 多発性嚢胞腎
  • 潰瘍性大腸炎
  • ループス腎炎
  • 敗血症
  • ANCA関連腎炎
  • 閉塞性動脈硬化症
  • ネフローゼ症候群

可能な治療方法・治癒器機

治療方法

  • 血液透析
  • 腹膜透析
  • 全血漿交換
  • 二種膜濾過血漿交換
  • LDL吸着
  • 免疫吸着
  • エンドトキシン吸着
  • 白血球除去療法
  • 血液透析濾過(HDF)
  • 無酢酸透析
  • (CHDF)持続血液透析濾過

 

lgA腎症に対する扁桃腺摘出手術+ステロイドパルス療法を積極的に行っています。

 

多発性嚢胞腎に対するV2-受容体拮抗薬治療を開始しています。



 

診療科実績

 

 

項目平成27年平成28年
外来患者数 腎臓外来 3421 2954
透析外来 25044 23565
入院患者数 腎臓内科 2614 2214
手術・検査 内シャント手術 15 1
     
経皮的シャント拡張術 54 34
腎生検 14 6
その他
特殊治療
CHDF 57 70
DFPP 3 1
全血漿交換 12 3
     
     

透析施設のご紹介

 透析施設についてはこちらへ

担当医から患者様へ

歴史ある腎臓内科であり、これまで多くの腎臓病の患者様の治療に関わってきました。
腎生検による正確な腎炎の診断治療と、細やかで安心できる透析を泌尿器科とも連携し行っています。

担当医紹介

中島 晢

顧問
氏名 中島 晢(なかしま・あきら)
専門 国際腎臓学会会員 / 日本内科学会認定医
日本透析医学会専門医 / 日本医師会認定産業医

三重 陽一

腎センター長
氏名 三重 陽一(みしげ・よういち)
専門 日本透析医学会専門医 / 日本透析医学会指導医
国際腎臓学会会員 / 日本腎臓学会員
日本アフェレーシス学会員 / 日本内科学会員


dr-photo

主任部長
氏名 竹之内 聖三(たけのうち・しょうぞう)
専門 日本透析医学会専門医 / 日本透析医学会指導医

dr-photo

部長
氏名

村岡 良朗(むらおか・よしろう)

専門  日本腎臓内科学会専門医/日本内科学会認定内科医

dr-photo

医師
氏名 潤田 心(うるた・しん)
専門

       




 

このページのTOPへ