変形性膝関節症

変形性膝関節症は、加齢や肥満、筋力の低下によって膝にかかる負担が増加し、膝の軟骨や半月板に損傷をきたす状態をいいます。膝を守るクッションの役割を担う軟骨がすり減ると炎症や関節の変形が進行し、 関節の隙間が狭くなります。膝関節の痛みや変形が軽度の場合は、運動やストレッチ・装具・薬物療法などで 疼痛の改善と予防を期待します。痛みや変形が重度の場合は手術が適応となります。

リハビリは、痛みを軽減させ変形性膝関節症の進行を予防することが目的となります。特に「筋力をつけ体重を減らす」、これらは関節を守るためにとても重要です。一般的に行われている運動も、やみくもにやってしまっては意味がありません。たくさん歩くことが膝の力をつけるのに効果的と思われる方も多いと思います。しかし、実は逆効果になってしまう人も少なくありません。

リハビリテーションでは「どんな運動」が「どんな効果がある」のかを説明をしながら、

患者様に適した運動を考案し指導します。また、患者様のお仕事やご趣味に対応したアドバイスを行い、ご自分の体と上手に付き合っていく方法を一緒に考えます。

 

 

変形性膝関節症の症状が進行すると、膝の曲げ伸ばしがしにくくなります。

 

そうなると、膝の周りの筋肉が硬くなって力が入りにくくなったり、歩きにくくなるなど、日常生活に支障をきたしてしまいます。その予防に、関節の可動域を保つ努力が必要となります。(セラピストによる可動域練習)痛みの原因の一つにお皿(膝蓋骨)の動きが悪くなるために、痛みを生じている場合があります。膝関節の曲げ伸ばしの運動をスムーズに行うためには、お皿の上下・左右の動きを回復させる必要があります。

 

パテラモビライゼーション

パテラモビライゼーション
パテラモビライゼーション

膝のお皿の動きを良くし膝の曲げ伸ばしをスムーズにします。

1.筋力トレーニング

変形性膝関節症の進行を防ぐには、骨の周りの鎧=筋肉を強くする必要があります。
とくに膝関節周囲の筋力トレーニングはとても重要となります。歩くこと以外にも、階段や椅子からの立ち上がりなど、日常的におこなう動作の大半は膝の筋力が重要な鍵となります。座ってテレビを見ているときなど、生活の中に運動を組み込むと、スムーズに継続が可能です。タオルや器具を使用してのトレーニングは、一人でも簡単に行えます。特に体重をかけずにおこなうものは、膝への負担が少ない有効な手段です。大腿四頭筋トレーニング、エアロバイク、症状が落ち着いてからは、単純に生活動作の中で行える筋力トレーニングが大切となります。動作に直結したトレーニングはとても効率の良い方法です。

  • エアロバイク
    エアロバイク
    膝に負担の少ない方法でトレーニングを行います。
  • 内側広筋のトレーニング
    内側広筋のトレーニング
    タオルをつぶして膝の前面の筋力強化を行います。

2.生活指導

個々の生活スタイルに合わせた動作の指導は、とても大切なリハビリの項目の一つです。
患者様の普段の生活をお伺いして、安全で体の負担が少ない動作を提供します。
また、家屋構造なども確認して、家での生活が困らないよう支援します。

 

立ち上がり動作

立ち上がり動作

膝に負担の少ない立ち上がり動作を行います。

ページTOPへ