top01 03

【第1回】慈愛会 今村英仁理事長

lead01

thumbs01

― 慈愛会第3代理事長に就任し10年が経ちました。振り返っての所感をお聞かせください。

 

私が内分泌内科の一医師として慈愛会に入職したのは平成4年。当時、今村病院は開業以来という赤字転落の苦しい時期でした。でも私には経営のイロハなど何も分かりません。

続きを読む...

【第2回】今村病院 鎌田哲郎院長

no2ppt2

no2kamata

― 糖尿病内科医として、前任の今村病院分院から現在の慈愛会糖尿病センター(今村病院)まで一貫してチーム医療体制を軌道に乗せています。チーム医療にかける思いをお聞かせください。

 

糖尿病でのチーム医療の中心は患者さんであり、決して医師ではありません。周りを囲む多職種の医療スタッフが協同でサポートします。25年ほど前、米国から来日されたジョスリンクリニック・スタッフのワークショップに参加して、そのアイデアに出合い、とても刺激を受けました。

続きを読む...

【第3回】今村病院分院 宇都宮 與院長

no3lead

no3utunomiya4

血液疾患治療の第一人者。成人T細胞白血病(ATL=Adult T cell Leukemia)のスペシャリストとして知られます。

 

鹿児島大学医学部を卒業したのが1977年。その年初めて、ATLが、それまで知られていた白血病とは異なる、一つの独立した病気であることが報告されました。医師としての歩みがちょうど、ATL研究の歴史と重なります。病気と一緒に歩んできた医師人生です。

続きを読む...

【第4回】谷山病院 福迫剛院長

 脳を若く保つ

diving top

 

―職員向けに常々「脳を若く保ってほしい」と呼び掛けています。言い換えると、どんなことでしょう。

 

考えの硬直化を防ぐことです。考え方も行動も、臨機応変に、という呼び掛けです。それは組織のあり方にもつながります。柔軟性、多様性を持った組織でないと生き残れない―そう思います。

続きを読む...

【第5回】介護老人保健施設 愛と結の街 黒野 明日嗣施設長

心豊かに.png

黒野先生 記事内写真

―認知症の専門家で、講演に引く手あまたの黒野先生。神経内科医としてのこれまでの歩みを教えて下さい。

 

講演は年間40~50回引き受けます。認知症に深くかかわるようになったのは平成15年6月に愛と結の街に施設長として着任して以降のことです。着任以前、鹿児島大学医学部から派遣され愛と結の街の非常勤医を務めた時期がありましたが、大学では電気生理学の分野に軸足を置き、スウェーデンへの留学も経験しました。

続きを読む...

【第6回】奄美病院 杉本東一院長

杉本院長先生原稿タイトル

杉本院長先生サブ写真

―代々続く医師一家の生まれとお聞きしました。

 

ルーツは新潟県高田市、現在の上越市です。江戸時代、越後高田藩の高田城で御典医(ごてんい=お城付きの医者)を務めた時代から300年続く医師家系の5代目になります。私は6人きょうだいの長男で、いわば老舗の跡取り。医師になる宿命を背負っていました。祖父・東造は大正時代に東京・千代田で病院を開業し、胃潰瘍を患っていた夏目漱石の主治医でした。文献に実名が出てきます。

続きを読む...

【第7回】徳之島病院 末満純一院長

徳之島タイトル

末満院長サブ写真

―今年11月、徳之島病院は開設50周年を迎えます。2月には院長就任から丸20年となりました。節目の年にあたって思うこと、印象に残る出来事をお聞かせください。

 

病院開設50周年を祝って、今年7月7日の「徳之島病院夏祭り」で初めて打ち上げ花火を揚げました。きれいでしたよ。患者さんも地域の方々もとても喜んでくださって、いい記念になりました。

この20年間に、多くの患者さんと出会い、気性の激しい方もたくさん診てきましたが、昔と比べて患者さんの気風が穏やかになった印象があります。

続きを読む...

【第8回】高麗町クリニック 下本地優院長

無題

下本地先生 サブ修正分

―往診の定番スタイルはチャップリンハット。愛用のきっかけを教えて下さい。

 

これをかぶっていくと場が和みます。こんな帽子で往診する医者、ほかにいないでしょ。深刻な病状の患者さんを訪ねる場合は別として、皆さんが親近感を持ってくださる糸口になれば、と思っています。

 

続きを読む...

 【第9回】慈愛会クリニック 今村尚子院長

尚子先生タイトル

今村尚子先生サブ写真

 今年は開設10周年。糖尿病専門クリニックとして地域に根付いてきました。

 

ゼロから開業するのとは違い、今村病院糖尿病内科の外来部門を移す形でクリニックを開設したので、受診者数の確保など、いわゆる立ち上げの苦労はありませんでした。開院した平成17年の外来受診者数は月平均562人、今は月平均900人、今後も微増を予想しています。

 

続きを読む...

 【第10回】 七波クリニック 鮫島久子院長

鮫島院長タイトル

鮫島院長メーン

 ―糖尿病内科専門の七波(ななみ)クリニック。名称の由来を教えて下さい。

 

血糖曲線の波(tages=血糖値の日内変動を表す折れ線グラフ)は高低差が小さいほど良いとされ、目標値は7%未満です。また、当初開院した場所が埋立地で、元は錦江湾ですので、波にゆかりがあります。和柄の「晴海波」を意識しつつ、tagesにちなむ「波」と「七」、にぎやかな波、といったイメージで「七波クリニック」としました。 

 

続きを読む...

 

 【第11回】 公益財団法人慈愛会 納 光弘会長 

 納会長タイトル①

DSC04461 トリミング

 ―「納光弘外来」が今村病院分院に開設されて8年が経ちました。日曜と木曜の週2回、完全予約制の外来に、鹿児島県外から来院する方もいます。受診者数は増加傾向をたどっています。

   

 鹿児島大学医学部第三内科教授を平成19年3月末で定年退職して、4月に慈愛会会長就任、その3カ月後に、外来を立ち上げました。「1人1時間、日曜日にもじっくりと診察する」という長年の夢をかなえ、コンサル外来という形で始めました。午前のみ、理想的には各日4名ずつですが、予約枠がすぐに埋まり、新患の飛び込みも断りませんので、最近は患者数が毎回10名を超えるようになりました。本当に忙しい。嬉しい悲鳴です。

 

続きを読む...

このページのTOPへ