慈愛会からのお知らせ

公益財団法人慈愛会第72期入職式 

 

公益財団法人慈愛会は4月1日、第72期入職式をオンラインで開催しました。

新卒既卒合わせて129人の新入職員が、配属先の5病院1施設(今村総合病院、いづろ今村病院、谷山病院、奄美病院、徳之島病院、介護老人保健施設愛と結の街)で式に臨みました。

 

ホスト会場の法人事業本部(かごしまオハナビル)では、法人幹部臨席のもと、今村英仁理事長が式辞を述べ、全施設にライブ配信されました。

 

今村理事長は、

「この一年、新型コロナ禍で慈愛会も大変でしたが、皆さんの先輩方は事態をしっかりと受け止めて、どう対処すればよいのかを考え、患者さんやご利用者を守らなくては、と頑張ってきました。

慈愛会が掲げる『患者さんを肉親と思い医療の達人(プロフェッショナル)を目指す』という理念そのものと言えます。

未曽有の事態に直面しながらも決して逃げることなく、真面目に取り組むことがいかに大切か、また、スタッフにはそれを当然と考える姿勢が身に付いているのだと思います。

今年、慈愛会は『有事に遭遇してもびくともしない法人を目指す』という方針を掲げました。

皆さん一緒に素晴らしい慈愛会を作り上げていきましょう」

と新入職員を激励しました。

 


新型コロナウイルス感染症対策で、法人全施設合同での入職式は2年連続見送りとなりましたが、理事長式辞の中でも言及されました通り、同期のきずなをどうか大切に、と願っています。

 

慈愛会職員としての第一歩を踏み出した皆さん、入職おめでとうございます。

 

20210401 nyuushoku DSC0012 20210401nyuushoku DSC0004 

 

 

ページTOPへ