診療科での取り組み

泌尿器科

ダビンチ サージカルシステムによる前立腺摘出術について

患者様のベネフィット

従来の開腹手術と比較して

  • 正確な切除
  • よりよい神経温存手術
  • 出血の抑制・輸血の必要性の低減
  • 合併症リスクの低減・傷口の感染リスクの低減
  • 入院期間の短縮
  • カテーテル留置期間の短縮
  • より早い回復・日常生活への復帰

開腹手術における切開部

従来の腹腔鏡下手術と比較して

  • 手術の勃起機能に回復(12ヶ月後)
  • 排尿機能のより早い回復
  • 出血の抑制および輸血の必要性の低減
  • 神経および直腸損傷の低減
  • 入院期間の短縮

ダビンチ手術における切開部

術者のベネフィット

従来の開腹手術と比較して

  • 腫瘍組織摘出の精度向上
  • 合併症リスクの低下
  • 追加手術の必要性の低減

従来の腹腔鏡下手術と比較して

  • 合併症リスクの低下
  • 神経損傷の危険性の低減
  • 直腸損傷の危険性の低減
  • 手術時間の短縮