ダビンチとは

ダビンチとは

ダビンチ サージカルシステムの特長

立体的な3D HDの手術画像を提供することで医師は患者の体内を覗き込み、実際に術野に手を入れて操作しているような視野を確保しながら手術を行うことが可能です。

3D HDによる高倍率視野

高倍率3D HD技術により、医師が覗きこむモニターには立体的な手術部位の拡大画像が鮮明に映し出されます。

医師がロボットアームに装着されている3本のインストゥルメントで操作することで、精緻な手術を行うことができます。

ENDOWRIST🄬 インストゥルメント

手首を持つインストゥルメントは、人間の手より大きな可動域と手ぶれ補正により、医師は安定した自然な動きで手術を行うことが可能です。

-ロボット支援手術とはどのような手術なのでしょうか?

ロボット支援手術は、患者さんの体に小さな穴を開けて行う低侵襲(ていしんしゅう)の手術です。開胸手術や開腹手術に比べて手術痕はほとんど目立たず、より少ない出血量で術後の痛みも軽くなります。
当院では2022年4月より「ダビンチ サージカルシステム(以下ダビンチ)」を使用してのロボット支援手術を開始しました。
手術というと、執刀医が手術台のわきに立って行うイメージが強いかもしれませんが、ダビンチによる手術は、術者が「サージョンコンソール」と呼ばれる操縦席に座って行います。3Dモニターで体内の立体映像を確認しながら、手元のコントローラで、ロボットアームに装着された鉗子やメス、内視鏡カメラを遠隔操作します。

-ロボット支援手術の利点を教えてください。

最初に述べました通り、小さな切開部だけで行う手術ですので出血量が少なく、術後の回復が早いのが患者さんにとって大きなメリットだと思います。
当院では「腹腔鏡下手術」を数多く実施しています。身体に開けた小さな穴から内視鏡を挿入し、中の様子をテレビモニターで確認しながら、別の穴から挿入した器具で病巣部を摘出するものです。
直接臓器に触れない遠隔操作による手術という点で2つの手術は類似していますが、ロボット支援手術は患者の傷がより小さく治りが早いのが特長です。
また、術者の視点で述べますと、ロボット支援手術は腹腔鏡下手術と比較して格段に精緻な動きが可能です。例えるならば、腹腔鏡下手術は“さいばし”を使って行っている感覚と表現できます。それに対しロボット支援手術は「術者が小さくなって実際に身体の中に入り、患部の前で手術を行っている」ような感覚です。この感覚を文章で表現するのは難しいのですが、ロボット支援手術はそれほど繊細で緻密な操作が可能なのです。

-対象となる疾患はどのようなものですか?

当院では現在、前立腺の治療を目的とした手術がほとんどです。
先々は、腎臓がんの治療方法として腎臓の部分切除や、膀胱がんの治療として膀胱切除も行うことを視野に入れています。
また、消化器外科分野での手術も始まりました。

-今後の展望はどのように考えられていますか?

患者の負担が少ないロボット支援手術のニーズは、ますます増加していくと推測します。
まず当科においては、ダビンチによる手術件数を増やし、着実に成果を上げていきます。
そして、泌尿器科で対応できる対象疾患を広げるだけではなく、他科とも連携し、今以上に多くの患者さんを治療できる体制を整えていきたいと考えています。
微力ながらも、ダビンチによるロボット支援手術が地域医療を支える一つの柱になることを目指していきたいと思います。