画像診断部

画像診断部

診療放射線技師とは医師の指示のもと、X線や電磁波などさまざまな物理的エネルギーを利用し画像作成・提供する仕事です。

当院では専門的な診療科を多く有しており、ニーズにあった画像を作成することを心がけております。

検査や装置・被ばく等に関することでわからないことがありましたら、われわれ診療放射線技師に気軽に質問してください。

 

 被ばく低減施設認定

2019年9月に日本診療放射線技師会の定める医療被ばく

低減施設認定を取得しました(全国では101施設目、

鹿児島県では2施設目)。

 

モダリティ

放射線治療(Radiation Therapy)

治療

IMRT(強度変調放射線治療)と呼ばれる最新の照射方法を採用し、

病変の形、部位、大きさに合わせて照射量や強度を変化させ、病変以外

の正常組織への侵襲(影響)を減らして治療を行えます。

従来放射線治療後に見られた肺炎、胃・十二指腸出血、膀胱・直腸障害

など重篤な合併症を軽減できる治療機器です。

放射線治療とは


MRI(Magnetic Resonance Imaging)

MRI

 神経内科や精神科より脳梗塞の診断や認知機能の検査やスポーツ整形

 外科より整形領域のMRIも多数行っております。

 もちろん肝臓やMRCP、骨盤腔、前立腺撮影などにも対応しており先

 生方のニーズにあった撮影が可能です。

 撮影に関してご要望がある場合は予約時に依頼してください。

 また女性技師も複数在籍しておりますので、患者様のニーズに合わせた検査が可能です。

MRIとは

CT(Computed Tomography)

ONE

 広い範囲を瞬時に撮影する事が可能なため、高精細・高画質の画像を

 低被ばくで撮影する事が可能です。

 さらに臓器機能解析など多彩なアプリケーションを搭載し従来には

 なかった特徴・利点があります。

 CTとは

 核医学検査(RI:Nuclear Medicine Laboratory:)

RI

 神経内科と精神科から脳血流シンチやダットスキャンなどの頭部領域

 の検査を多数行っております。

 他にも骨シンチやガリウムシンチなど様々な検査も可能です。

 先生方のニーズに合わせて検査を行います。ご要望がある場合は紹介

 時にご依頼ください。

IVR(Inter-Ventional Radiology)

IVR図1

 IVRはX線透視像、血管造影像、超音波像、またはCT像を見ながら、

 カテーテルと呼ばれる細い管や、針を用いて外科手術なしで、できる

 かぎり体に傷を残さずに病気を治療する画期的な方法です

 IVRとは

 

一般撮影(X-ray room)

一般

 オリジナル補助具を用いることで、患者様の負担が少なく再現性の高

 い画像提供を心掛けています。

 X線撮影装置RADspeed Proを3台有し、富士フィルムメディカル社

 製のフラットパネルディテクタと組み合わせることで、被ばく低減と

 高精細な画像提供を行っています。 

 

 

トモ

 

トモシンセシス(デジタル多層断層撮影)では通常のX線撮影では観察す

ることが難しかった微細な骨折線や骨梁などを明瞭に描出が可能です。

 

 

X線透視装置(X-ray Fluoroscopy)

透視

 透視装置を3台有し、精密検査、診断から治療、緊急処置など様々な

 診療科に対応いたします。

 

 

 

骨密度測定(Bone mineral checks)

DEXA

 骨密度が最初に低下する腰椎部、大腿骨の測定を行い、骨粗鬆症の診断に役立

 てています。

 測定結果は専用のレポートにて出力しており、幅広い診療科からのオーダーに

 対応しています。

 

使用機器一覧

○一般撮影装置

 ●SHIMADZU 診断用X線撮影装置 RADspeed Pro 3台

○一般撮影間接変換FPD装置

 ●FUJIFILM CALNEO(17×17:7枚、17×14:1枚、10×12:4枚)

○ポータブル撮影装置

 ●SHIMADZU 3台(病棟:2台、手術室1台)

 ●HITACHI 1台(救急外来)

○骨密度測定装置

 ●GE Lunar DPX-BRAVO 1台

○歯科用撮影装置

 ●PanoACT ART Plus 1台

○外科用X線撮影装置(Cアーム)

 ●Philips BV Pulsera 2台

○CT装置

 ●Canon Aquilion ONE 1台

 ●Canon Aquilion Prime 1台

○MRI装置

 ●Philips InGenia 1台

 ●Philipa InGenia cx/Achieva dstream 1台

○ガンマカメラ

 ●Canon SymbiaE 1台

○IVR-CT

 ●Canon Infinix-8000c/jk Asteion4

○バイプレーン血管撮影装置

 ●Philips AlluraXperFD20/20

○放射線治療

 ●Accuray TomoHD 1台

○治療計画用CT装置

 ●Canon Aquilion Helios 1台

○平面検出器デジタル多目的透視台

 ●HITACHI CUREVISTA 3台

○医用画像管理システム

 ●SYNAPSE F-RIS F-REPORT 

 

スタッフ

放射線科医:5人

○診療放射線技師:20人

○事務:1人

 

施設認定

 ○日本診療放射線技師会医療被ばく低減施設臨床実習指導施設

 ○日本診療放射線技師会臨床実習指導施設

 ●一般撮影

 ●高度画像診断

 ●核医学

 ●放射線治療 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認定一覧

○第一種放射線取扱主任者:1名

○放射線治療専門放射線技師:1名

○放射線治療品質管理士:1名

○検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師:1名

○胃がん検診専門技師:3名

○肺がんCT検診認定技師:2名

○X線CT認定技師:5名

○日本血管撮影・インターベーション専門認定技師:1名

○放射線管理士:2名

○放射線機器管理士:4名

○臨床実習指導教員:5名

○Ai認定診療放射線技師:2名

○画像等手術支援認定診療放射線技師:1名

○アドバンスド診療放射線技師:7名

○シニア診療放射線技師:1名

○X線作業主任者:4名

○ガンマ線透過写真撮影作業主任者:4名

○ITパスポート:1名

2020.04

 

ページTOPへ