感染管理室

感染管理室

感染管理室は、院内感染対策委員会で決定された方針に基づき、組織横断的に院内の感染管理を担っています。

ICTコアとして、感染管理医長1名(兼任)・ICD1名(兼任)・感染症医1名(兼任)・臨床検査技師2名(兼任)・感染制御認定薬剤師1名(兼任)・薬剤師1名(兼任)・感染管理認定看護師1名(専従)・感染管理認定看護師1名(兼任)が所属しています。

 

感染管理室の業務内容

  • 院内サーベイランスの企画・指導
  • 新型コロナウイルス感染症対策
  • 院内感染による多発事例の疫学調査及び分析
  • 院内で発生したMRSAなどの薬剤耐性菌に対するサーベイランス
  • 感染レポートの作成と活用・配付
  • 定期的な病棟ラウンド
    • 毎週1回(月曜日) ICTコアメンバー
      抗菌薬適正使用に関する監視と指導
      感染経路別予防策の実施状況の確認と指導
    • 月1回(第四金曜日) ICTメンバー
      部署別ラウンド(手指衛生・環境・感染対策)
  • 院内感染対策マニュルの作成・改訂
  • ワクチン接種の推進
    • 患者さんへのインフルエンザ・肺炎球菌ワクチンの案内や推奨
    • 職員への案内
    • インフルエンザ・HBV・麻疹・風疹・流行性耳下腺炎・水痘の抗体価検査とワクチン
  • 職員の結核曝露の対策
    • 入職者へのIGRA検査の推進
    • N95マスク着用のトレーニング
  • 各診療科や病棟からのコンサルテーション
  • 委員会で使用する資料の作成および議事録の作成と保存

 

ページTOPへ