EPA看護師

EPAとは・・・

経済連携協定(英Economic Partnership Agreement:EPA)は、貿易の自由化に加え、投資、人の移動、知的財産の保護や競争政策におけるルール作り、様々な分野での協力の要素等を含む幅広い経済関係の強化を目的とする協定のことをいいます。

経済連携協定(EPA)に基づき、フィリピン・インドネシア・ベトナムの看護師が日本の看護師の資格を取得するために来日し、看護補助業務(研修)を行いながら看護師国家試験の合格をめざして勉強を頑張っています。

今村総合病院では、これまで5名のインドネシア人看護師候補者をナースエイド(看護助手)として受け入れ、平成27年に1名、平成28年に1名、令和2年に1名が合格し、現在3名とも看護師として当院に勤務しています。 

ソラさん:令和2年合格

sora R2

Q:インドネシアではどんな病院で働いていましたか?

A:300床ぐらいの総合病院で、看護師として2年半ぐらい勤めて

  いました。

 

Q:日本で働こうと思ったきっかけは何ですか?

A:友だちが誘ってくれたからです。初めは両親に反対されましたが、

  EPAのプログラムに受かるようにがんばっていたら、

  「夢に向けてがんばって行って来てください。いつも祈ってあげる

  から。」と言ってくれました。

 

 

Q:患者さまやスタッフに向けてひと言!

A:これから看護師として患者さまやご家族、また多職種の方々との関わりも多くなるので、

  関係を築いていけるように「笑顔」「挨拶」を大切にして、信頼してもらえるように

  努力していきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

モニカさん:平成28年合格

monika R2

Q:日本で働こうと思ったきっかけは何ですか?

A:インドネシアで働いていたときの同僚がEPA看護師候補者として

  日本に行ったことがきっかけです。「私も日本に行きたい、日本の

  技術を学びたい。」と思い挑戦しました。

 

Q:日本に来て大変だったことは何ですか?

A:やはり日本語です。日本語がわかっていないと伝えたいことも

  伝えられないし、コミュニケーションがとれないです。

  そして勉強もなかなか理解できないと思います。

 

 

Q:合格したときの気持ちと、これからの目標は何ですか?

A:うれしくて、応援してくれたみなさまに心から感謝しました。そして合格したことが最後ではなく、

  これからもっとがんばらないといけないと思いました。

  これからはもっとスムーズに話せるように、日本語の勉強を続けたいと思います。

  そして知識や技術のレベルアップをして看護の質を高め、何か得意分野を見つけて認定を取ることが

  できたらいいなと思います。

ウリさん:平成27年合格

uri R2

Q:インドネシアと日本の病院の違いはありますか?

A:インドネシアでは病室で患者さまの世話をするのはご家族で、

  看護師は医療的なことを主に行います。医師はあまり病室に

  こなくて、看護師に電話で指示することが多かったです。
  また日本より点滴を使うことが多くて、量も多かったです。

 

Q:国家試験に向けてどのような勉強をしましたか?

A:毎日たくさんの過去問題や予想問題を解きました。そして自分の

  理解が正しいかどうか迷ったときは、教育担当の師長に質問を

  しました。丁寧にわかりやすく教えていただいたので、本当に理解

  することができました。また問題を解くときには、文章を最後まで

                しっかり読むことを心がけて、ミスをしないようにしました。

 

Q:これからがんばりたいことは何ですか?

A:日本語がとてもむずかしいです。聞くのはわかるようになりましたが、伝えるのがむずかしいです。

  でも患者さんが笑顔で私を受け入れてくれることがうれしいです。

  これからもっと日本語を勉強して、看護の知識を増やしたいです。まだ経験が浅くて看護の仕方が

  足りないと思うので、分からないことは先輩に聞いてがんばっていきたいです。

 

ページTOPへ