膠原病・リウマチ内科

関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなどの膠原病疾患に関して精査・診断を行い、入院・外来を含めた治療を行います。

 

 

外来診療担当表

<予約制>

 
午前 伊藤   伊藤   伊藤    
午後 伊藤       伊藤    

診療概要

・関節リウマチに関して、肺や腎臓などの関節外症状を含め、適切な疾患コントロールを目指します。
・全身性エリテマトーデス・血管炎症候群などの多臓器にまたがる病変については、他の専門科と連携し精査・治療を行います。
・関節リウマチ、乾癬性関節炎、全身性エリテマトーデス、血管炎症候群などの疾患について、生物学的製剤を用いた治療を行います。

治療の対象

  • 関節リウマチ
  • 全身性エリテマトーデス
  • 全身性強皮症
  • 多発筋炎、皮膚筋炎
  • 成人発症スティル病
  • 血管炎症候群
  • 全身性強皮症
  • 混合性結合組織病
  • シェーグレン症候群
  • ベーチェット病
  • リウマチ性多発筋痛症
  • 強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、その他の脊椎関節炎
  • IgG4関連疾患
  • 再発性多発軟骨炎

※「線維筋痛症」の診療は行っていません。

担当医から患者様へ

膠原病は主に自己免疫の異常により、全身の臓器に影響を及ぼす疾患です。当院では各臓器の専門科と連携しながら、必要に応じて入院での精査・治療も行っています。近年では生物学的製剤をはじめとした治療の発展により、なるべくステロイドに依存しない治療・より良い疾患コントロールができるようになってきました。

同じ疾患でも、患者様によって症状や重症度・合併症の違いに応じた治療を行う必要があります。診断後は、聞いたことのない疾患名や治療による副作用、特に若い女性に多く発症することもあり、仕事や妊娠といったライフイベントへの影響など、様々な不安があると思いますが、患者様のお話をよく聞き、相談しながら治療方針を決定していくようにしています。また、救急・総合内科との連携により、不明熱の精査、治療中の急な体調不良にも対応しています。

担当医紹介

dr-photo

部長
氏名 伊藤 加菜絵 (いとう かなえ)
専門

日本内科学会認定内科医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本リウマチ学会リウマチ指導医

ページTOPへ