脳神経外科

脳卒中の急性期外科治療、脳卒中予防の外科治療を中心に診療しています。直達手術(いわゆる切る手術)と血管内手術(血管の中からの手術)を使い分けることで、患者様にとってより安全な方法を選択します。

外来診療担当表

脳神経外科

<予約制>
午前中のみの診療です[受付]午前:8時30分~11時30分

 
午前 谷口 谷口

手術日休診

平野(月2日)

田上

有田

(手術日)

谷口

 ※非常勤医師 平野の診察日につきましては、お問い合わせください。

診療概要

脳卒中は一刻を争う救急疾患。早期に治療を開始することが重要です。
私たちは、超急性期治療に必要な先端機器を24時間稼働体制で駆使し治療に当たっています。

 

そのほかの脳神経外科全般疾患、外傷性頭蓋内血腫、脳腫瘍、水頭症、三叉神経痛、顔面けいれん等の手術や治療も行っています。頭痛やめまい、しびれ感、顔面のぴくつき、顎や歯の頑固な痛み、一見認知症に見える症状等、身近に感ずる症状の中に原因疾患が隠れていることもあります。
救急や手術だけでなく、外来診療の中でお困りの症状についてご相談に乗っています。

治療の対象

  • 脳卒中(脳出血,くも膜下出血,脳梗塞)
  • 予防的外科治療(未破裂脳動脈瘤,頭蓋内外バイパス術,内頸動脈狭搾症)
  • 脳腫瘍
  • 慢性硬膜下血腫
  • 水頭症
  • 三叉神経痛
  • 片側顔面痙攣
  • 外傷性頭蓋内血腫など

上記の手術のほか頭痛、めまい、物忘れ、手足のしびれ、脳梗塞や脳出血の一次予防、2次予防のための診断、治療、指導なども行っています。

可能な治療方法

治療方法

各種開頭手術(脳動脈瘤クリッピング手術、血腫除去術、腫瘍摘出術など)、各脳血管内治療(脳動脈瘤塞栓術、血栓回収療法など)、穿頭術、水頭症手術、頸動脈狭窄に対する手術(頸動脈内膜剥離術、ステント留置術)

検査機器

  • 3 tesla 超電導MRI装置(フィリップス) 2台
  • 320列マルチスライスCT(キャノン) 1台
  • 80列マルチスライスCT(キャノン) 1台
  • バイプレーン血管撮影装置(フィリップス) 1台

医療設備

SCU 手術室
SCU 血管撮影室
SCU 手術室
救急車(かもしん号) ヘリポート

診療科実績

項目2020年2021年
手術・検査件数 開頭脳動脈瘤頸部クリッピング 10 13
開頭血腫除去術 26 6
開頭腫瘍摘出術 1 3
水頭症手術 24 23
慢性硬膜下血腫洗浄ドレナージ 49 65
神経血管減圧術 3 2
その他 46 28
血管内手術 頸動脈ステント留置 11 6
脳動脈瘤コイル塞栓術 26 10
急性期血行再建術(血栓回収含む) 19 19
硬膜脳動静脈瘻 4 2
その他 4 1

担当医紹介


脳神経外科 谷口歩 医師

脳卒中センター長・脳神経外科主任部長 
氏名 谷口 歩(たにぐち あゆみ) 
専門 日本脳神経外科学会専門医・指導医
専門領域:脳血管障害・脳神経外科全般

dr-photo

医員
氏名 田上 なつ子(たのうえ なつこ)
専門 日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医

有田 和徳Dr

非常勤医師
氏名  有田 和徳(ありた かずのり)
専門 鹿児島大学名誉教授(医学部 脳神経外科)
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本てんかん学会専門医・専門医指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医
日本脳卒中の外科学会技術指導医
日本救急医学会専門医
日本内分泌学会専門医・指導医

hirano

非常勤医師
氏名  平野 宏文(ひらの ひろふみ)
専門 脳腫瘍
医学博士
日本脳神経外科学会専門医
がん治療認定医
日本神経内視鏡学会 技術認定医
日本小児脳神経外科学会 認定医
ページTOPへ