消化器内科(一般)

イラスト 

食道、胃、大腸、小腸などの消化管疾患を扱います。特に内視鏡を用いた検査や治療を行っています

消化器内科

IBD外来

外来診療担当表

消化器内科(一般)

 

午前

生駒

時任

時任

時任

生駒

 徳元

午後

生駒

時任

時任

徳元

生駒

消化器内科(IBD外来)

 

午前

大井

大井

午後

大井

※学会出席などの理由により、担当医が変更となる場合がございます。
ご理解の程、宜しくお願い致します。

診療概要

消化器内科

  • 胃の調子が悪いかも、食後、食前にむかつきがある、最近便秘気味、最近下痢気味、便に違和感があるなど気になるお腹の症状がある場合はお気軽にご相談下さい。
  • ピロリ菌検査、人間ドック後の2次健診、定期的な胃カメラ、大腸検査、腹部超音波検査、大腸ポリープなど消化器系疾患による症状はまずはお電話で御相談下さい。
  • 鎮静剤を使用しての検査をご希望の方は車を運転しての来院はお控えください。
  • 胆のうや膵臓疾患などには下記の実績があります。ぜひ御相談下さい。

 

 診察と治療について

患者様の声に耳を傾けて、何が一番きついのか、何を一番してほしいのかを考え適切な診断と治療を行なうことを大事にしています。
消化性潰瘍、逆流性食道炎などの胃酸に関係した疾患に対する治療を日常診療としており、特に消化性潰瘍の原因であるヘリコバクターピロリ菌の除菌療法については、除菌不成功例に対しての2次除菌も積極的に行なっています。
また消化管(食道、胃、十二指腸などの小腸や大腸)や胆膵系(胆道や膵臓)の消化器癌については早期診断をめざし、正確な進行度の診断をすることにより治療方針を決定しています。
最近増加傾向にある潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患に対しては、白血球除去療法やTNF‐α抗体を使った最新の治療を導入し、患者様の状態に応じた治療を行ないます。
近年注目されてきた小腸疾患の診断に対してはダブルバルーン小腸内視鏡検査やカプセル内視鏡検査を導入し、新しい診断と治療の確立を目指しています。 

治療の対象

  • 逆流性食道炎(胃食道逆流症を含む)
  • 食道アカラシア
  • 急性胃炎
  • 小腸疾患
  • 消化性潰瘍(胃十二指腸潰瘍)
  • 急性腸炎(虫垂炎、憩室炎を含む)
  • 吻合部潰瘍
  • 虚血性腸炎
  • 胃腺腫
  • ベーチェット病
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • 大腸ポリープ
  • 大腸癌
  • 胆嚢腺筋症
  • 痔核
  • 消化管出血など

可能な治療方法・治癒器機

治療方法

  • 消化管ポリープ(食道ポリープ、胃ポリープ、大腸ポリープ)に対する内視鏡的ポリープ切除術
  • 消化管狭窄拡張術、内視鏡的止血術、イレウスチューブ挿入術 など

 

診療科実績

検査・治療実績

項目2018年度2019年度
胃内視鏡検査 6931件 7021件
上部消化管内視鏡的処置
(止血術、EMR、ESDなど)
41件 47件
大腸内視鏡検査 1,937件 1,766件
下部消化管内視鏡的処置
(止血術、EMRなど)
172件 141件
カプセル内視鏡検査 4件 7件
小腸内視鏡検査 5件 1件

診療スタッフ

tokitou

氏名 時任 大吾(ときとう・だいご)
専門 消化器内科主任部長
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会専門医

徳元 攻

氏名 徳元 攻(とくもと かたし)
専門 胃・腸内科部長
医学博士・日本内科学会認定医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医

syokaki ikoma

氏名 生駒 今日子(いこま きょうこ)
専門 消化器内科医員
日本内科学会認定医

takasaki

氏名 高崎 能久(たかさき・よしひさ)
専門 消化器内科部長(非常勤)
日本消化器内視鏡学会指導医
鹿児島大学医学部臨床教授

氏名 上田 博一郎(うえだ・ひろいちろう)
専門 消化器内科部長(非常勤)
氏名 三重 浩子 (みしげ・こうこ)
専門 消化器内科部長(非常勤)
氏名 塗木 冬実 (ぬるき・ふゆみ)
専門 消化器内科部長(非常勤)
氏名 水鶴 弘文 (つる・ひろふみ)
専門 消化器内科部長(非常勤)

 

IBD外来

 潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患(IBD)の患者様に対して、専門的な医療を提供しています。炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎とクローン病は「難病の患者に対する医療等に関する法律」における指定難病でありその原因、病態には未解明な点が多くあります。

IBD外来のご案内

指定難病制度について

診療概要

IBDとは、Inflammatory bowel disease(炎症性腸疾患)を省略したものであり、腸管に炎症をきたす疾患の総称です。狭義には、潰瘍性大腸炎・クローン病を示します。 近年、IBD患者数は全国的に増加の一途をたどり、今後も更に増えていくことが予想されます。 食事をはじめとした生活環境の欧米化が、その一因ではないかと言われています。その他にも、免疫機能が過剰に働く自己免疫疾患であるということ、遺伝的要因が少なからず関与しているということなどが解明されてきましたが、根本的な原因は現代の医学でも特定されていません。 そのため、IBDは厚生労働省の指定難病として認められています。 

IBDそのものを完治させる方法こそ確立されてはいませんが、レミケードやヒュミラといった生物学的製剤の登場をはじめ、この数年間でIBD治療の選択肢は飛躍的に増えました。 それらの中から、患者様の状態にあった最適な治療法を選択し早期に開始することで、寛解導入(良い状態にもっていく)、寛解維持(良い状態を持続させる)、さらには患者様のQOL(生活の質)の改善・向上に繋げることができます。

 診察と治療について

IBD外来については、令和3年4月1日から鹿児島市鴨池新町の今村総合病院へ一部移転しました。当院の外来診療日は火曜日・土曜日です。

今村総合病院 消化器内科のホームページはこちら

診療スタッフ

syokaki oi

氏名 大井 秀久(おおい ひでひさ)
専門 副院長
内科主任部長
医学博士・日本内科学会認定医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会九州支部評議員
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器病学会九州支部評議員
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会評議員

ページTOPへ